その預金は誰のもの?

 無事、相続税申告をした方にとって、

1年後にやってくる税務調査の問題があります。

税務調査は、3人に1人と高確率です。

 その調査で問題とされるのは、家族名義預金です。

家族名義預金とは、形式上は、家族名義預金になっていても、実態が

故人のものである場合、その預金は、相続財産とみなされるものです。

夫や子供名義の預金を妻(母)が管理していた場合、

その預金は、誰のものなんでしょう?

その預金は、動きもなく、夫(故人)もその存在を知らなかったとします。

上記のケースの場合、

すくなくとも夫(故人)のものと特定する訳にもいかないとのことで、

夫(故人)の相続財産とはならない…との裁決があります。

 

 しかしながら、裁判で争わないためにも、預金を見直しして、

預金の名義=真の所有者 の形になっていない方は、

是非、今のうちに整理しておいて下さい。

 

ポイントは、5つです。

1、銀行印は、各人ごとに分けておく。

  各名義人ごとに、銀行印は統一する。

  少なくとも、他の名義人の印と同一にしない。

2、定期預金の書き換えは、名義人本人がする。

3、通帳、印鑑、カードは、その名義人が保管する。

4、名義人は、その預金の存在を知っていること。

5、贈与したものは贈与契約書を作成し、贈与税の申告をすること。

  

 

 

 

 

 

相続


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続フリーダイヤル