アパート建築での相続税対策の誤解

 借金をしてアパートを建てる場合、その借金が相続税で債務控除できるため相続税対策になるとの誤解があります。

 借金をしても預金が同額増加するだけです。

 では、何故アパートを建てると相続税対策になるのでしょう。

これは、現金をアパートという物にすることで相続税上の評価減ができるからなのです。

 現金ではなく換金しにくい貸家というものにすることで評価減になるわけですが、アパートは収入を生みますので借金して建てても採算が合うわけです。自己所有の土地に建てるのなら、借金はアパートの建築代金のみであり、借金も少なくなります。

 借金は金利を払うわけですから、少ないのにこしたことありません。

 例えば、5,000万円のアパートは相続税上、固定資産評価で3,000万円となり、さらに貸家ということで30%評価減となり2,100万円の評価となります。

 さらに、土地は貸家建付地となり15%(地域により違いますが)の評価減となります。

 

 預金が潤沢にあれば、借金の一部繰り上げすることで金利負担が少なくなります。

 借金(債務)が減少しますが、現金も減少するので相続税評価は同じです。ご安心ください。

 ただし、納税は現金が原則ですので、納税資金の預金は残しておいてください。

相続


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 フリーダイヤル