保険を使った相続税対策

保険を使った相続税対策には、
死亡保険金の非課税枠を利用することで大きな節税ができますが、
この非課税枠の縮小が近々予定されています。


また、死亡保険金を相続税ではなく、
所得税の一時所得にする方法もあります。

相続人が一時所得で死亡保険金を受け取れば、
一時所得は「(保険金-払った保険料-50万円)×1/2」に課税され、
こちらも節税となります。



ただし、一時所得となるには、
保険料負担者が相続人となる場合であり、その保険料を毎年贈与してもらう必要があります。


さて、ここで問題となるのは、
「毎年贈与=連年贈与」となり、
贈与総額に対し贈与税がかかるのではないか、
といった疑問がありますが、
実はこれ、連年贈与とはなりません

なぜなら、
連年贈与は贈与する総額が決まっていることが前提だからです。


今回の場合、

  • 贈与契約は各年のものであり、未来のことは不明である
  • 途中で保険解約の可能性もある
  • 本人自身も保険料を支払う可能性もある

以上の理由で連年贈与となりません。

連年贈与…例えば、1000万円を10年に分けて贈与するといった贈与です。

相続 橋本


まとめると、保険を使った相続税対策は以下の方法が可能です。

  1. 死亡保険金の非課税枠を利用する
  2. ケースによっては、相続税ではなく、所得税の一時所得に変える
相続


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続フリーダイヤル