夫婦間での自宅の贈与について

相談者 :

長年連れ添った妻にマイホームをプレゼントしたいが、

どうしたらよいでしょう?

 橋本  :

結婚20年以上の夫婦間の自宅贈与は2,110万円まで

贈与税は無税で出来ますよ!

 

ただし!以下の条件を満たしているご夫婦に限ります。

① 婚姻の届出があった日から贈与した日までの婚姻期間が(戸籍に入っ

   ている期間)が20年以上であること。

② 贈与財産が居住用不動産、又は居住用不動産を取得する金銭である

   こと。

③ 贈与された配偶者が、翌3月15日まで住んでいること。

④ この特例を受ける旨の贈与税の申告書を税務署に提出すること。

 

相続 橋本

登録免許税等や不動産の取得にかかる税金が余分にかかることを留意下さい。

 

この特典を利用すると夫婦間での居住用不動産等の贈与が行われた場合、贈与税の配偶者控除として2,000万円の特別控除を受けることが出来ます。

さらに、110万円までの基礎控除額も合わせると2,110万円までの財産を税金を支払うことなく贈与できます。

 

相続


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 フリーダイヤル