死亡保険金の非課税枠の縮小について

(現在) 500万円×法定相続人の数  
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  
(改正後)

法定相続人のうち

  • 障害者
  • 未成年者
  • 相続発生直前に被相続人と生計を一にしていた者

に限定

※適用対象は、従来通り民法上の相続人であれば受けられる。

 
 

<<事例>>

被相続人 : 父

相続人 : 母・長男(長男が、死亡保険金を2,000万円受け取る場合)

 

父(被相続人)と母のみが同一生計

長男は別生計

 

相続 家族

長男が死亡保険金を2,000万円受け取ると、死亡保険金の非課税限度枠

 

500万円×1人(母のみ)

         500万円

 

長男が課税される保険金額

2000万円-500万円(非課税限度額)

         =1,500万円

父(被相続人)と相続人(母と長男)が同一生計

 

相続 家族

長男が死亡保険金を2,000万円受け取ると、死亡保険金の非課税限度枠

 

500万円×2人(母・長男)

         1000万円

 

長男が課税される保険金額

2000万円-1000万円(非課税限度額)

         =1000万円


上記は改正案です。親と同一生計か否かで相続税に影響が出ます。
相続


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 フリーダイヤル