生前贈与をする時は…

相続税対策で、生前贈与を認めてもらうためには本当にあげることです。

  • 通帳に贈与の事実(出金・入金の印字)を残しておくこと
  • 贈与税の申告を(もらった人は)お忘れなく
  • 通帳、カード、定期預金証書等の名義書替えは、もらった人自身が使用している届出印で行うこと
  • 贈与したお金の管理をあげた人が行っていると否認されることがあります

これらの点に気をつける必要があります。

相続 橋本

 

相続税の税務調査でいつも問題になるのは、
「本当にもらった人のものかどうか」ということです。
贈与をするわけですから、預金の管理はもらった人が行ってください。

 

相続


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続フリーダイヤル