100万円の生前贈与は、30万円のお得!!

生前に100万円贈与すると、30万円得します。

<前提条件>

・相続財産・・2億円

・相続人・・子ども2人  とします。

 

相続差額

○2億円(相続財産)2,500万円(相続税)

 

○100万円生前贈与して

  1億9,900万円(相続財産) ⇒2,470万円(相続税)

 

 

親が子に早く渡すと、早期割として、30万円 のお得となります。

これは、2億円の場合、相続税の累進税率が30%のためです。

 

ちなみに、相続人2人でも、相続財産が7,000万円の場合、 相続税は、

基礎控除(5,000万円+1,000万円×相続人2人)以下なので、 税金はゼロです。

又、贈与税も基礎控除(110万円)以下のため、ゼロです。

従って、早期割引はありませんが、 子が早く財産をもらえるという利点は、あります。

 

相続財産が3億円の人は、40%のお得となります。

つまり、相続税の基礎控除(縮小の改正案あり)以上の 財産があるか否か、

 財産が多い人程、生前贈与は、相続税対策として有効です

 

≪ポイント≫

1、相続開始3年以内の贈与財産は、相続財産に加算となります。 そのため、生前贈与は、早い段階から毎年行うこと

2、「3年ルール」は、相続または遺贈により財産を取得した者に限られますので、相続人ではない『子の嫁』や『孫』に贈与すれば、 死亡直前でも相続財産には加算されません。

3、相続税調査対策としても、贈与はあげたことにするのではなく、 確実に相手にお金を渡すことです。

 ・親の使用している通帳から、子の使用している通帳へ入金 すること(銀行印は、別々のものを使う)

 ・贈与契約書を作成し、贈与税の申告を行うこと

相続


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。